沖縄オフィスづくりブログ
ブログ

社員ブログ
オフィスの配線を整理してスッキリオフィスに♪

沖縄県那覇市新都心でオフィス設計をしているマルゼンの真栄平です♪

 

 

皆さんのオフィスの足元やPC周りで配線がごちゃごちゃになっていることはありませんか?

 

乱雑になっている配線は見栄えが悪く、ネットワーク環境に不具合が発生する危険性があります。

今回はオフィスの配線整理についてご紹介します(‘ω’)ノ

 

 

 

 

フリーアクセスフロア化(OAフロア化)

フリーアクセスフロアとはOAフロアとも呼ばれ、床下に空間を作り、床下に配線ケーブルを格納します。

床下に配線ケーブルを通し、必要な箇所から配線ケーブルを取り出すことで、配線ケーブルが乱雑になることを防ぎます。

 

 

 

コードダクトを設置する

コードダクトとは、配線ケーブルをまとめる管のことです。

複数の配線ケーブルをを管に通すことで配線ケーブルが乱雑になることを防ぎます。

 

 

 

結束バンドの活用

配線が乱雑になる原因として、配線ケーブルが必要以上に長いことが挙げられます。

余分に長い部分を結束バンドで束ねることによって、すっきりとした配線にすることができます。

 

 

 

ワイヤーケーブルトレーを設置する

ワイヤーケーブルトレーとは、クランプで取り付けることができる配線整理用のトレーです。

不要な配線ケーブルや電源タップをまとめて収納することができます。

また、ワイヤータイプなので不具合の原因となるホコリも付きづらい特徴があります。

 

 

 

 

配線をすっきりさせるだけでオフィスの見栄えもよくなり、足を引っ掛けてしまう危険性や、

ネットワーク環境の不具合を起こす危険性も下げることができます!

 

配線整理に伴うOAフロア化工事など、床工事に関するサービスはコチラ♪