沖縄オフィスづくりブログ
ブログ

社員ブログ
オフィス照明のLED化

沖縄県 那覇市 新都心でオフィス設計をしているマルゼンの石垣です。

今回はオフィス照明のLED化についてお話しします。

 

 

皆さんのオフィスはもうLED照明に変更出来ていますか?

 

大手照明メーカーではすでに蛍光灯器具や水銀灯の生産終了が発表されており、

今後予想されるのは、ランプが切れてしまうと交換用ランプが手に入らなくということ!

 

 

またそれに伴い、国内蛍光灯器具メーカーは生産を終了しています。

そうなると、照明器具が故障した場合、ランプがあっても交換ができなくなります。

 

 

ちなみに照明器具は10~15年が寿命です。

10年を過ぎた照明器具は、外観だけでは判断できない器具内部の劣化が進み、故障しやすくなります。

安全性の面からも早めに点検と交換をご検討ください。設置後約10年が交換の目安です。

 

 

みなさんのオフィスの照明器具はいかがでしょう?10年以上経過はしていませんか?

 

 

突然ランプが切れたり器具が壊れてあわてる前に、早めのLED化をおすすめします。

 

 

マルゼンでは、LED照明のレンタル事業を展開しています。

初期費用(電気器具の工事)はレンタル台に含まれており、かなり低コストでLED化をすることが可能な上、

備品として電球を持たずに済むので、資産ではなく経費で計上することが可能になります。

 

 

最近では、コールセンターやシステム関係の企業からお問い合わせがありました。

人がオフィスに長時間いる所は特に電気代がかなり節約できるので、その効果を最大限に感じられるとおもいます。

 

 

電球の種類や、数によっても金額が変わってくるので、

まずは一度ご相談ください(*’▽’)